FC2ブログ

本をよむ理由

FullSizeRender_convert_20150519105006.jpg
  
 個人ブログという事で、

 突然ですが・・・

 皆さんは本を読まれますか?

 今、携帯電話さえあれば、ほとんどの情報には、困らなくなりましたが、、、

 おはずかしながら、

 私自身この年になるまで、本を読む事が、あまり好きではありませんでした。

 
 私の母は、本が大好きで、「本はいいよ。」と常に言う人でした。

 その意味が分かり始めてきたのは、きっと、いろんな考え方をしりたかったり,
もっと、想像力豊かになりたいと 感じはじめたかもしれません。

 
 そんな折、
 本屋さんで衝撃的な、見出しの本を目にしました。

 「1年で偏差値を40あげて、慶應大学に合格!!」

 現在高2の息子がいることと、
 私自身いまでも悔やまれることは、もっと勉強すべき時間に勉強しておけばよかった・・・
 きもちからとで、
 この見出しにひきこまれるように、、、、

 本を手に家に帰り息子と、娘(中2)に、はなすと、、

 「しってる。それ映画にもなるって。」と、、、
 情報の早さに驚いてしまいました。 

 しかし同時に、その言葉に、益々本を読むまでに本の内容にワクワク感をかりたてられました。

 本の内容は、
 主人公の高2だった、女の子・・・成績は、ビリで、ギャル、・・・
 が、慶應大学に合格するまでに一緒に奮闘した、、、
 学校ではなく、
 塾の先生目線の一冊と、

 主人公のお母さんの子育て記録なる一冊

 2冊です。

 

 本を読み終えて、

 もちろん、慶應大学に合格したことは、すばらしいことですが、

 主人公が、やる気になれた理由の大切さ

これは、勉強に限らず、、、
目標を持ち、目標の為に本来は、どちらかというと、苦手なことも、
どんどん見方が変化して行く過程であったり、
好奇心と気力があれば、必ず、来るべき時にできるようになると信じること。
なかなか表には見えない部分の本質が同時に成長していること。

未来の親御さんや、現代子育て真っ只中の親御さん、先生が、あるいは、上司や、指導者、先輩が、
無限にある子ども達の可能性をより開花させるにはどうあるべきか。沢山のヒントがかくされた、
心揺さぶられる本でした。

読み終えて、、
本を読むことが、いいよといっていた、母の言葉の理由が、また、わかるようでした。
理由を書きたい気持ちもありますが、、、、、長々と失礼しました。      村田





 




 

 

コメント

私も只今、読んでる途中ですが子育てについて改めて感じさせられる内容だなと思います。子育てには正解不正解はなく、難しくもあり楽しみでもあります(*^^*)読んでいて、成る程❕成る程❕と子育てのヒントを与えてもらっている感でもあります(*^^*)不安はあってもドシッと構えるのも大事ですね♪

2015/05/19 (Tue) 18:23 | こぉママ #- | URL | 編集
頑張り屋さんの栗原さんへ

メッセージのほうありがとうございます。!!本当に本を読み進めるうちに、なるほど、そういう考えかたもあるんだ。あったんだ。と、気持ちが楽になるおもいでした。栗原さんのママぶり、心からおうえんしています!!

2015/05/21 (Thu) 11:02 | あしおと 村田 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する